防水工事・塗装工事 信用と実績を誇る高い技術力

防水工事

建物の寿命を延ばす上で最も大切なこと。

建物を守る防水材も新築から10年で再施工時期が来ます。この時期に防水工事を考えることが建物の寿命を延ばす上で最も大切なことだと思います。

また、10年以上経過して雨漏れが発生した建物でも構造及び既存の防水材の種類・工法で改修方法が異なってしまう為、必ず現地調査を行い、壁、クラックからの水の侵入等、防水面以外の原因も考慮の上、最適な防水材と防水工法の選定をしなければなりません。

一般住宅に多い防水工法

■ ウレタン塗膜防水(屋上・ベランダ・庇)

塗膜防水の一種で密着工法と通気緩衝工法とがある。
下地に対して追従性が有り、複雑な形状でも施工しやすい。

ウレタン塗膜防水(屋上・ベランダ・庇)/施工前〜施工後

■ FRP防水(ベランダ)

塗膜防水の一種で密着工法が多い。耐摩耗性が有り、仕上がりが早い。

■ シート防水(塩ビ・合成ゴム)(屋上が多い)

下地に対して追従性が有り、耐候性にすぐれ長期に渡って防水性を保持します。

塩ビシート施工中〜合成ゴムシート施工中

■ アスファルト防水

最も防水材としての歴史が有り信頼性も高い。溶融したアスファルトとルーフィングを積層し耐用年数・耐久・水密・耐荷重性に優れている。

アスファルト防水/施工前〜施工後

■ シーリング防水

サッシ廻りの隙間や接合部などにシールを充填し建物への水の侵入を防ぎ水密性や気密性を確保する。

防水工事は、水から建物の劣化・老化を防ぐための大切な役割を荷い室内環境を守る重要な工事となります。

木曽建材工業は、防水下地補修から防水工法の選定・施工管理まで、増改築診断員・防水調査診断員・防水施工管理技術者・接着管理士・シーリング管理士・2級建築施工管理士の資格を持つ従業員が直接お客様の御相談と御要望にお答えいたします。

塗装工事

■ 歯科さんの塗り替え工事

施工前→施工前

■ 個人邸の塗り替え工事(シュミレーション)

施工前→施工前

木曽建材工業は、お客様のお宅にあった適切な改修方法を選択した上で、一級塗装技能士のもと施工を厳しくチェックしてお客様に満足していただける工事をいたします。

塗装・防水のリフレッシュ工事をお考えの皆様へ

外壁塗装

建物に関して外壁塗装の役割は、外観を美しく、下地材を守ることです。塗装性能は、下地+塗膜の種類+塗布量(下塗り・上塗り)で決定されます。

下地条件の改善

  • チョーキングの発生(トップコート・下地材の粉状劣化) → 水による高圧洗浄
  • クラックの発生(モルタル・コンクリートのひび割れ) → シーリング材でシール補修及びフィラー処理
  • カビ・藻の発生 → 水による高圧洗浄(防カビ塗料の塗布)
  • 錆の発生(金属の腐食) → 錆のサンダー処理(防錆塗料の塗布)

外壁塗装の種類

外壁塗装の種類

【アクリル樹脂塗料】

市場で一番使用されているのがアクリル塗料です。一番塗料の種類も多く、お値打ちな塗料といえます。耐久年数は、6年〜8年程度です。

【ウレタン樹脂塗料】

1液タイプが多く、作業効率も上がり、外壁にも多く使用されます。アクリル塗料よりも耐久性が上がり耐久年数は、8年から10年程度です。

【シリコン樹脂塗料】

耐久性に優れていて、ほとんどが水性塗料です。弾性効果も合わせ持ち、耐久年数、10年から12年程度あります。

【フッソ樹脂塗料】

外壁塗料として他の塗料よりもあらゆる点で優れています。値段も高いですが、建物の厳しい環境状況、メンテナンスの大変な建物には適しています。