>>ブログトップへ

5月 02 2017

「つぶしがきく」と言うこと

3:45 PM 豆知識

「つぶしがきく」とは、

今の職場を辞めて何処へ行ってもすぐ就職ができて、

食いっぱぐれないと言う事で

金属は潰してもすぐ再利用できることからきています。

建築関係の職人さんは、社会に出て、学び、努力して技術・能力を身につけ、

色々な資格を取得します。

「職人さんは、いい腕をもってりゃ食いっぱぐれなくていいね」と

世間でもよく言われています。

防水工事では、防水施工技能士の1級と2級があり、国家資格となります。

この資格の有る者は、スキルが高いと証明されるのです。

一方、工事管理をする方は、各種の防水、施工技能検定を始め、

1・2級(仕上)建築施工管理技士の国家資格を取ると

専任技術者として認められることになります。

皆様が望む建物は、高いスキルと信頼のおける工事で施工しなければ

なりません。当然つぶしがきく人の集まりで施工しなければなりません。

木曽建材工業㈱は、高いスキルの人々を団結させ、常に皆様のご要望に応えてまいります。